ソンクラン祭り(水かけ祭り)

Contents(目次)

ソンクラン祭り・水かけ祭り・タイの正月

こんにちはフローゲストハウスです。
本日タイのお正月のソンクラン祭りを紹介したいと思います。
ソンクラン祭りは何かというと、タイのお正月です。
中国の旧正月があるように、タイもタイの正月があります。
正月の日程は、4月13日から15日まで3日間行われます。
この期間がちょうど学校の夏休みに入り、都会で働いている人が自分の出身地に里帰りしたりして、家族の集まりの期間にもなります。 ある人は自分の親のことろに置いて都会で働いている人が実家に帰ったり、逆に都会の方へ遊びに連れて行ったりします。

ソンクランでどんなことをするのか?

以上で述べたように、都会で働いている人たちが里帰りして家族と集まり、それから家族と祭りを楽しんだり、行事を行います。行事か主に下記の通りにあります。

1、水掛け。

水かけ祭りは昔伝統された行事で以下の写真の通りに容器に水を入れてそれから代わりの人に軽くかけます。水をかける意味として、1年間が終わりその1年間の中で幸福も不幸もあると思いますが、その不幸を洗い流す為に相手に「悪い事が洗い流されて消えていく様に!」と願いながら水をかけます。

現在になって楽しみ方がどんどん変わってきましたが、その中でやり方が変わっても、意地悪かの様に飲み会で急に氷水をかけられたりしても、「1年間お疲れ様です。今年は幸せな事だけあります様に!今年も宜しくお願いします」 など、先輩と後輩が言い合ったり、友達同士が言い合ったりすることは変わっていません。 以上で説明させて頂いた様に時代に伴って行事が変わってきたのですが、4月のタイの真夏で天気の熱い中で水かけを遊ぶの楽しみになります。 または地方により雰囲気が違いますが、一番盛り上がっているのはチェンマイとカオサンロードですので、下記のYOUTUBEの動画で紹介します。ご覧ください。

チャンマイお掘りの周りで水かけ祭りを遊ぶ

カオサンロードで水かけ祭りを遊ぶ

動画で紹介させて頂いた通りカオサンロードもチェンマイも楽しむことができます。
宿泊先については、心配する事なく、カオサンロードの近くに日本人専用宿(ロングラックゲストハウス)があります。
きれいで居心地のいいゲストハウスで日本人のオーナーさんが管理しています。
ロングラックゲストハウスへアクセス

2、砂の仏堂作り。

ソンクラン

タイ人の殆ど仏教でお寺に行って托鉢及び僧侶に食べ物を差し上げて、お得を蓄えているという習慣があります。 お寺は砂はいっぱいある土地でよく建ており、礼拝などが完了し自宅に帰る時、毎回砂が足元についていくという理由で年に一回ぐらい砂をお寺へ運んでいこうという活動が現在まで伝わってきた文化です。 その後その砂はお寺が役に立つ様に工事などに使われます。運んでいった砂はお寺にとって役に立つものなので、運んでいった人もお得が自分に蓄えられます。

3、親やお年寄りの手に香り付けた水を注いで祝福を受ける。

Dtbezn3nNUxytg04N0xdCnxqzGdPeRmgL6I7AJ263T44kV

タイの正月の中でもう一つ、大事なことは、自分にいいことが来るようにお寺に行き、容器に水を入れ、その中へ花・香り付けして、僧侶や仏像にかけています。そして、お正月をもって、自分の親・祖父・尊敬する人や近所のお年寄り・恩人等に花や香り付けた水をかけて、お祝いします。作法は受ける人(年上)が両手合わせて、手の平を開いた状態で香水を受け、終わった後に、今度手の平に残った香水を注いだ人(年下)の頭にかけて、祝福を与えます。このような行事はタイにある日本企業で同じように実施していて、経営者の方は水かけて祝ったりしています。その中で「ありがとうございます」という気持ちを込めて行われます。

[btn] ホームのページへ [/btn]

[btn] 宿泊部屋の確認 [/btn]

ใส่ความเห็น

อีเมลของคุณจะไม่แสดงให้คนอื่นเห็น ช่องข้อมูลจำเป็นถูกทำเครื่องหมาย *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.